こさとも情報局

コスメ、雑貨、食品などあらゆるジャンルの購入した物、お得情報などを日々の生活日記に交えて発信していきます!

マルコメのプラス糀シリーズ「米糀からつくった甘酒」は飲む点滴!

マルコメ プラス糀 米糀からつくった甘酒 を購入しました!

f:id:kosatomo:20160820224223j:plain

 

 

 

プラス糀 米糀からつくった甘酒を詳しくご紹介!

今回購入しましたマルコメプラス糀 米糀からつくった甘酒を詳しくご紹介いきます!

甘酒って「飲む点滴」と言われるぐらい栄養素がたっぷりなんですよね。

 

甘酒には2種類ある

甘酒には2種類あるのをご存知ですか?2種類それぞれ特徴があるので、好みによって得選ぶ事ができます。

 

酒粕から作られる甘酒

酒粕に砂糖を加えて作られます。

アルコールが含まれているので、 アルコールが苦手な方や子供は飲むことができません。

 

米麹から作られる甘酒

米に米麹を加えて作られます。

砂糖を加えないため、 甘味は麹が引き出した自然の甘味です。

ノンアルコールなのでどなたでも飲む事ができます。

米とこうじからできている甘酒は「水分」「糖分」「塩分」のバランスが良く、必須アミノ酸が沢山含まれているので熱中症対策にもおすすめされています。

 

「糀」と「麹」の違い

「こうじ」を表す時に使われる「糀」と「麹」。違いはあるのか気になったので調べてみました。

こうじは米、麦、大豆などの穀類で作りますが、それらのこうじ全般を表す漢字として「麹」という字が主に使われています。

「麹」は中国から伝わった漢字だそうです。

そして一方の「糀」ですが、明治時代にできた和製漢字で米糀のみを表します。(※米糀は蒸し米に麹菌をつけて発酵させたものです。)

現在では「こうじ」というと「麹」の漢字の方が一般的だと思います。

 

私は甘酒は後者の麹から作られる方がお気に入りです。

麹から作られる甘酒の方が、高い栄養価を持つそうです。

でもなかなか甘酒って売っているところがないので、 今回ネットで注文しました。 

 

シンプルな原材料

原材料は「米、米こうじ、食塩」といたってシンプル。

アルコール0%なので、妊婦さんやお子さんも安心して飲めます。

 

使いやすい容器

そして容器がとても優秀! 開封後、このままレンジで加熱できます。

冷たい飲み物が苦手な方や、寒い時には手軽に温かい甘酒が飲めるので良いですよね!

f:id:kosatomo:20160820224315j:plain

 

甘酒の味などは?

コップに入れました。サラサラしているタイプです。

糀のつぶつぶ感は無し。 

f:id:kosatomo:20160820224338j:plain

 

自然の甘さ!

初めて糀から作られた甘酒を飲んだ方は、「砂糖入ってるのでは・・・?」とその甘さに驚かれると思います。

 

私は甘すぎると感じた時は、少しお湯を足して薄めたりしています。 

f:id:kosatomo:20160820224357j:plain

 

でも砂糖の甘味とはまた違う美味しさがあり、後味はスッキリしています。

甘酒を毎日飲んで、暑さに負けない体づくりをしたいですね!

 

生姜入りもあります!

>【送料無料】マルコメ プラス糀 甘酒 生姜ブレンド 125mlカートカン×18本入 ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。

価格:2,499円
(2017/2/22 13:03時点)
感想(5件)

 

SPONSORED LINK